関節のズレ 治療院 凡座(ぼんざ) BONZA 大阪府豊中市蛍池

        阪急蛍池駅 徒歩5分
治療院 凡座

〒560-0031 大阪府豊中市蛍池北町1-2-22 
new-bonza1.jpg

関節のズレ 当院の施術について

骨盤正常.jpg骨盤ズレ.jpg

当院では、全身の関節異常に対して、手技をメインとした施術を行っています。
なかでも、「骨盤」を体の要ととらえ、骨盤の関節異常から波及する様々問題に取り組んでいます。
骨盤の左右バランスの崩れ」から、上は背骨(脊柱)を通って首、頭、さらには肩、肘、手首、指先にまで。
そして、下は股関節、膝、足首へと、「骨盤のバランスの崩れ」が影響しています。
そのため、肩こりだから首や肩だけ、膝が痛いから膝だけをみていては安定しないのです。

関節異常とは

腰痛.jpg膝痛.jpg
関節異常」とは関節に異常がある状態のことです。
正常な関節は、動き(可動域、挙動)に問題が無く、痛みや違和感も無い状態です。
しかし、関節に異常があると、痛みや違和感に加えて正常な動きが出来なくなるため、様々な動作に支障が出てきます。

例)洗濯物を干す時に腕が上がりにくい、階段の上り下りで膝が痛い、足が上げにくい、
歩き方がおかしい気がする、腰が痛い、寝違いなど、これらは全て「関節異常」による可能性が高いです。

当院の施術

施術.jpgアイシング.jpg
「正常な関節」と「関節に異常のある状態」の違いは、かんたんに言うと関節に「ズレがない」か、「ズレがある」か、という違いです。
(専門的にはもう少し深い内容があります)
関節にズレがあるために正しく動かない、動かすと違和感が出る、痛みが出る、ということなんです。


そういった「関節のズレ」に対して、当院では主に手技で関節のズレを「正しい位置に」戻します。関節のズレを戻すというと、バキッとかボキッとか、関節を引っ張ったり、強い力で押したり、または、痛いのではないか、と思われるかもしれません。


多くの場合、何をされているのかよくわからないほどで、あまり力を感じない程度の力しか加える事はありません。
正確にいうと、弱い力という事ではなく、関節のズレを戻すのに「必要な力」しか加えないということです。弱い力でも、過剰な力でも、関節のズレを戻す事は出来ないと考えています。


「関節のズレ」が戻ると、関節が正しく機能し始めるので、動き(可動域、挙動)が変わります、そして、痛みや違和感も変化します。
また、人間が本来持っている、自分自身の力で身体を良い方向へと導く「自然治癒力」の活性化にもつながります。


そして、そのまま関節異常を放置したまま生活していると、さらなる悪化の危険があるため、早期に処置する必要があります。
大きな異常でなくても、長期にわたる頭痛やめまい、頭が重い、体がだるい、といった不定愁訴と言われる症状は、元々はどこかの関節異常が発端だった、ということも少なくありません。


当院に来られている方の多くは、上記のようなことから腰痛、肩こり、頭痛、膝痛、言葉で言い表せられない痛みや違和感など、様々な症状で来院されています。


また、スポーツによる「関節のズレ」も多く、痛みや違和感ももちろんですが、
パフォーマンスの低下というのも大きな問題です。
当院では一般の方や学生さん、趣味のアスリートの方とを区別することなく
関節のズレ」に対してアプローチする、このことに全力を注いでいます。